南森町グラスホッパーズ



家庭訪問の記憶

4月30日金曜日 はれ

お久しぶりでございます。
あっという間に4月も終わりです。4月から新生活を始められた方ももう1ヶ月経ちました。
もう新しい生活には慣れましたでしょうか?
僕は特に新しい環境に変わった訳では全くないですが、いまだに慣れてません。
生きていくのはなかなか大変な事なのかもしれません。
でも意外とヒトって思ってるより頑丈でしぶといので、そんなに大変でないと言えば大変でないのです。これが。
いい意味で言えば毎日色々刺激があります。刺激的です。

なんか聞いたところによりますと、今は学校の家庭訪問シーズンみたいです。
学校の先生が家に来るなんてかなり嫌だったことぐらいしか記憶に残ってないですけど、
小学三年の時、僕の担任の岡先生がやってきた時に、ちょうど妹の家庭訪問の時間と重なってしまい、すこし岡先生にお待ちいただくことに。
母になんとなく「先生のお相手していなさい」 みたいな事言われて、気を使って庭で待つ岡先生ときまずい二人きりになった。
僕は先生と話すことも無く、手持ち無沙汰になり、なんとなく庭に咲いていた花を採り、花びらをむしっていたら、
先生が「この花はマーガレットっていう花で、今むしった花びら一枚一枚が、本当は一つの花で、それがたくさん集まってマーガレットの花に見えるんやで」
って教えてくれた。


そんな事を思い出し、さっきネットで調べたら本当だった。
岡先生ありがとうございます。
[PR]
by tessyuu-k | 2010-04-30 21:34 | なんもりグラホ
<< 携帯電話を落とす 時候のあいさつ >>


心の草芝居
南森町グラスホッパーズHP
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧